知っておきたい「お薬手帳」

知っておきたい「お薬手帳」

知っておきたい「お薬手帳」のこと

当社では、お一人一冊「お薬手帳」を持つことをおすすめしています。まだお持ちでない方は、薬剤師までお声がけください。

おくすり手帳

お薬手帳は、なぜ必要なのですか?

「お薬手帳」は、これまで服用したお薬の記録です。医師や薬剤師が、お薬をお渡しする際に、飲み合わせやお薬の重複が無いかなどをチェックすることで、治療をより安全で確かなものにすることができます。
お薬手帳を持っていると、現在飲んでいる薬を忘れてしまってもすぐに分かります。また、いつどのような薬を処方されたのかがすぐに分かります。もしも意識がなくなり倒れた時などには、飲んでいる薬がすぐにわかり、対応が早くなります。東日本大震災の時も、とても役立ったと報告されています。

いつ、どうやって使うのでしょうか?

薬局の窓口では、処方せんと一緒にご提出ください。そして、お薬をもらったり買ったりした場合には、必ずお薬手帳に記入をしましょう。ご自身でお薬を購入した時も記録しておくことをおすすめします。また、病院や医院に行くときや、市販薬や健康食品を買うとき、医師や薬剤師に相談があるときにもお見せください。薬を飲んだ際の感想を薬の情報に書き加えておくことをお勧めします。保険証とあわせて持っておくと安心です。

すでに何冊も持っている場合は?

お薬手帳は、1人に1冊と考えてください。各病院・薬局ごとに手帳を持ってしまうと、他の病院・医院で処方されている薬との飲み合わせや重複している薬のチェックができなくなってしまいます。これでは、せっかくお薬手帳を持っていても意味がありません。1冊に全ての情報を記入してこそ、お薬手帳です。お引越し先や、旅行中でも同じ手帳を使えます。何冊か持っている方は、この機会に薬剤師にご相談ください。
もし、お手持ちに何冊もあったら、これからは一番使いやすい1冊にまとめることをお勧めします。
お薬手帳は今後、大きな役割を持つようになります。ジェネリック医薬品の普及に伴い、お薬の名前が違っても成分が同じお薬が増えてきます。
また入退院時のお薬の管理に役立ちます。皆さまと医師・薬剤師のよりよい情報交換に役立ててください。

「お薬手帳」についてわからないことは、お気軽に薬剤師にお尋ね下さい。

薬剤師募集

研修制度

スタッフ紹介

訪問服薬

薬局開業支援

会社行事&レク

株式会社アイアイファーマシー

患者様と医療機関をつなぐ架け橋になること。
それが私たちの願いです。

〒362-0067 埼玉県上尾市中分1-12-1
TEL.048-781-0042
FAX.048-781-0049
E-MAIL.fwke2841@nifty.com

お問い合わせ

048-781-0042

受付時間:10:00~18:00

お問い合わせフォーム

アイアイファーマシーの採用情報
アイアイファーマシーの採用情報
ページの先頭へ戻る